ブログ

ブログ詳細

★★夏の冷房、つけるべき? 首肩こり・体調不良の対策に!★★《東京都北区・豊島区・文京区 駒込の整体&エサレンマッサージよしまりのカイロケア》


 

夏の冷房は、つけない方が体に良いといいますが、あんまりにも暑いと氣を消耗し、力が出なくなったり、氣が上にあがって肝氣鬱滞となり、首肩こり、頭痛、イライラ、無気力などの症状をひきおこします。

 

かといって、冷房の入ったところにずっといると、冷えによる、血行不良の肩こりや、だるさ、腰痛などが出ます。また、屋外と室内との気温の差が激しいと、体が対応しきれず、自律神経が不調になります。

 

ということで、ベストなのは、外気と大差ないくらいの室温で過ごすこと。最低でも26度以上、28度くらいの温度が良いようです。クールビズの温度が26~28度に設定されてからは、体調不良になる方が減ったといいますね!CO2の削減対策、地球にとっても、人体にとっても良いようです。

 

また、少し汗がでれば、老廃物が外に出て、血行や水の巡りがよくなり、体調は良い状態が保てます。汗の出過ぎが氣になる場合は、レモン、梅など酸味のものが汗をおさえます。氣の消耗には、山芋、うなぎ、豚肉、豆腐、りんごなどの食材を。

 

夜の冷房、つけて寝るか切って寝るか、微妙な日がありますが、冷房をつけない場合は、保冷剤をわきや首の横、太ももの付根の動脈のとおるところにおいたりすると、ひんやりして汗が出過ぎないので良いです。

 

でも、きってねたら、やっぱり夜中暑すぎて不調になってしまった・・・という方には、熱をとり、水分を補う、寒涼の食材で作った、朝のグリーンスムージーなども、元気の復活に、おすすめです!暑さが原因、肝氣鬱滞による、首肩こり、頭痛、イライラ、無気力の時にも!

 (一人分)
  ほうれん草(小松菜)  半把
  バナナ        半分
  グレープフルーツ   1/4
  レモン果汁      少々

 ※氷をいれずにミキサーで撹拌します。常温でとられるのが良いです!

 

また、冷房で、冷えすぎてしまったことが原因の体調不良、肩こりなどには、鶏肉、ねぎ、にんにく、生姜、茗荷、紫蘇、ほうじ茶、紅茶などをとられて、血行促進で、ご回復を!!(*^-^*)

中医推拿整体 ・ エサレン マッサージ
スペシャル カイロケア ・ リラクゼーション
駒込駅近く
よしまりのカイロケア

住所 〒114-0015 東京都北区中里1丁目10-3 武田ビル1F
電話 03-5809-0452
営業時間 10:00~23:00(最終受付21:00)
お休み 木曜日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1omnI5k
  • facebook
  • twitter
  • mixi