ブログ

ブログ詳細

むくみ!!


~むくみに効くのは?~

寒い冬、雪の日など、湿気と冷えで起こりやすいのがむくみ。
むくみの原因には、大きくわけて、次の3つが考えられます。

 

1.腎の不調
同じ姿勢での長時間の仕事、冷えなどで、腎臓や、腎経の器官が弱り、活力が不足し、老廃物が体内にたまり、水分の代謝がおこりにくくなっている場合。
足や顔にむくみがでます。

2. 脾の不調
油ものや糖質のとりすぎなどで、胃腸が弱り、腸が水分を吸収しにくくなっている場合。足や顔にむくみがでます。まぶたの腫れもこの場合が多いです。

 

3.肝と心の不調
ストレスや冷えで血管が委縮したり、食生活などによるドロドロ血液により、血流が低下。血管が水分を充分吸収しにくくなっている場合。足にむくみが出やすいです。

 

腎や脾は、湿気の多い日に、特に弱りやすく、腰や体も重だるくなります。

 

いずれのむくみの場合も、低温(38~39度)のお風呂に、腰くらいまで入って、20分~40分、ゆっくり温まれるととても良いです。

血流が良くなり、腎や脾の機能も回復してきます。

足がむくんでいる場合は、さらにお風呂で足をバスタブの上にあげて、足の内側のラインを下から上にさすると良いです。
腎と脾の経絡を整え、足のむくみをとります。

 

また、腕をうしろにまわし、背中とバスタブの間にげんこつをあてて、背骨の2cmくらい外側の気持ちのいいラインを、肩甲骨から腰にかけて、ぐりぐり押していくのも腎や脾を整えます。

オフィスなどでは、机の下でこっそり足を膝の上などに上げて、マッサージできると良いですね。げんこつは椅子の背もたれにあてて。

 

身体をあたためるのに、マグカップたっぷり1杯のホットドリンクを飲むのも良いです。温性の蜂蜜や生姜をお湯に溶かして飲むと、脾も回復します。

 

コーヒーは、飲み過ぎると体を冷やします。利尿作用で水分が出過ぎて、水分代謝に必要なカリウムを損なうので、、むくみの原因になります。
しかし、1日にマグカップに2杯位までなら、特に問題はありません。
適度に利尿作用があり、疲れがとれるので、むくみに良いです。

ただし、インスタントコーヒーはやはりNG。コンビニで入手する場合も、ドリップ式のものにしましょう。添加物は、老廃物として体の中に残り、むくみの原因となります。

 

体の中をきれいにして、エネルギーの出やすい身体を作り、内臓を動かして、むくみのない体質に、改善していきましょう。

 

mukumi 

中医推拿整体 ・ エサレン マッサージ
スペシャル カイロケア ・ リラクゼーション
駒込駅近く
よしまりのカイロケア

住所 〒114-0015 東京都北区中里1丁目10-3 武田ビル1F
電話 03-5809-0452
営業時間 10:00~23:00(最終受付21:00)
お休み 木曜日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1omnI5k
  • facebook
  • twitter
  • mixi